パパ活を始めて実際に会うときのコツは見極めです。

デパートに春夏のワンピースを買いに来て、セールで残った秋冬ブーツを「昨年の売れ筋で入手困難になった時期もあるほどの…」と店員さんにいくら勧められてもほぼ買いませんよね。

それと同じく、パパ活女子は出会ったパパから何を求められているのか理解しないと、パパから2度目3度目のお誘いや定期的な食事の話にはほぼなりません。

まずはパパがわたしをデートに誘い、高級店で食事したりプレゼントやお小遣いをくれるのはなぜか?としっかり考えることが大事です。

若い子と一緒に過ごすのが楽しいんだろうな~とか、ざっくりのイメージしか持っていない場合、他の女子と比べられて次回はそっちへ行ってしまうでしょう。

出会うパパによってそれぞれの価値観・考え・楽しみがちがうので、タイプを見極める必要があります。

わたしが思う3つのタイプと対応方法を解説しますね。

Type1:エッチするのが目的のパパ

当たり前だけどワンナイトだけ楽しみたいというパパ活男性はもちろん居ます。

パパと呼ぶにはまだ若い30代にその傾向があって、初めて会ったその日に落とせないと思われると、食事が終わり次第ハイさよならってなるパターンもあります。

エッチすることが目的なので無理そうと思えばさくっと次を探すわけですね。

同じ人から2回目のお誘いが来ることもあったけど、そこでまた無理となると帰りのタクシー代も渡されず、ちょっと嫌な思いして帰ることもありました。

それでわたしはエッチ目的の男性とわかったら即パパ対象外と決めていましたが、相談した現役キャバ嬢の先輩「ナナ姉さん」に言わせると甘すぎらしいですw

距離感をもって色恋作戦

わたしは先輩のようにキャバ嬢経験がないので、あまちゃんと言われてもどう対応するのが正しいかわかりませんでした。

しかし!ベテラン?の先輩から教わったのは、そういう男性には「もしかしたらいけるかも」「もっと頑張れば落とせるかも」と希望をもたせろとの事!

あからさまに拒否るような発言や態度では、パパ探しから当日のデートまで時間つかった苦労がそこで全て終了します。

エッチが目的だろうと、こっちもあくまでパパ活が目的!本気で恋愛するつもりはないので距離感を保てばイイこともあります。

男性の本能的なものなのか、その希望を追いかけてなにかしらのアプローチがあるわけです。

頭でしっかり体なしと決めておいて、ほんの少しの可能性を残すような過ごし方をするとコレが意外と効果的!相手から見ればチャンスがあるし優しく接してくれるので、おねだりしやすい場面も出てきます。

そんな希望を残すようなコミュニケーションの例をあげますね。

  • ほんのちょっとのスキンシップ
  • 下ネタがでたら明るく反応
  • 男性的な魅力があるとほめる
  • 甘え言葉をつかう

ちょっと誤解されやすいラインなのがいいんですが、完全な勘違いを招くとかなりの面倒を被るので様子を見ながら控えるときは控えましょう。

ナナ姉さんからの助言ですが、注意点として「お酒は飲んでも絶対酔ってはダメ!お酒の力を甘くみるな!」

これは絶対わすれないようにしましょうね。

Type2:癒しが欲しいパパ

月曜日から金曜日まで5日間ときには6日間になることもある働く男性は、仕事疲れを溜めたまま週末を迎え、家庭のストレスも少なからずあります。

そういったパパは日頃のライフスタイルから離れて、ストレス発散や癒しを求めているタイプの方が多いです。

特徴としては単に若い子と食事して過ごすことを楽しんだり、たわいのない会話や知り合いだと話しづらい愚痴をこぼしたり、パパ活女子とのコミュニケーションで癒されたいのです。

このタイプはアラフォー世代が多く、たまに50歳前後の方にも出会うんだけど、エッチを目的に口説き落とそうとしてくる人は少なめという印象。

まったくの肌感になっちゃうんですけどねw

ただ色恋しなくていいから楽というわけではないですよ!

癒しを欲しがるパパには気持ちで応える

パパによってそれぞれの悩みやストレスがあるのでまずは聞き役に徹しますが、おしゃべりが得意じゃないパパの場合はこっちから拾い上げていくのが望ましいです。

聞き役になりただ生返事するだけってなっちゃうと、パパはとてもつまらない思いをします。さらにその場のお気遣い?なのかあまり態度に出さず、次は無いというエンディングが待ってますw

なので、よく話すパパに対しては全力で耳をかたむける、おしゃべりじゃないパパには上手に質問をはさんで引っ張り出す。質問するときのコツは少ない情報に対しても同調しながら引き出すこと。

この子は僕の話をよく聞いてくれると思われればあとが楽になります。しっかり気持ちを向けて頑張れば会話が弾んできますよ!

  • 会話は基本的に聞き役
  • ハツラツとして笑顔で接する
  • 笑いのツボをおさえる
  • たまに天然ぽさをよそおう

癒し求め系パパに出会ったときに気に入られるパターンはこんな感じかな?

パパ活の目的は心の奥にしまっておき、一緒にいるときは気分よく過ごしてもらう事と与える側になる事を肝に命じて楽しませてあげるのがポイントです。

Type3:応援してくれるパパ

若い子が夢や目標に向けて一生懸命になのを快く思い、その過程を楽しむことができ、良い方向へ進んでいるのは自分の後ろ盾も手伝っていると感じることが満足につながっているパパ。

この応援タイプにあたる人がいわゆる経済的に余裕のあるパパ「太パパ」と呼ばれています。パパ活が仕事として成り立つための最重要人物ねw

月に500,000近く稼ぐ上級パパ活女子には必ず太パパとのお付き合いがあります。ココも最重要!

わたしの印象としては、40~50代後半までの地位高めな男性で、経営者や投資家、大企業の重役などとにかくハイスペック!そして仕事上の様々な経験からか、人を見る眼がものすごく肥えてます。

これも先輩ナナ姉さんに教わったんだけど、自分を作ったり飾ったりをやりすぎちゃうと、ホントは違うというのを簡単に見透かされ、結果いい関係を続けるのが難しくなります。

経営者レベルのパパは好奇心旺盛で実年齢より見た目や感覚が若く、物事をポジティブに捉える性格の人が多いので、出会えるといろんな意味で楽しくなりますよ!

目標を持ってる自分をアピール

応援型パパとのお食事では、なぜパパ活してるのか聞かれる流れが多くなります。

その流れが来ると自分を気に入ってもらうチャンスとなるので、目標や将来の夢を話せるようにしておく必要があります。

余裕の太パパとのつながりはパパ活中で最も大事ですから絶対に準備しておきます。その場の思いつきで対応しても本当にそれはすぐバレてしまいます。経験済みですw

さらにナナ姉さんの教えどおり作りすぎもバレるので、綿密な計画を練った目標を用意するよりも、強く希望していることや憧れを追いかけている状況のほうが好ましいです。

突っ込んで聞かれて困っても、わからないことを正直に可愛く伝えればパパの応援本能をくすぐりますw

マナーや会話などには気を使いますが、素の自分でいくほうがパパの目には素直な子と映りやいんです。

夢や目標の内容は自分にわかりやすい業界で!

  • 自分のお店でネイルサロンを開業する
  • 経営者として人気エステ店を持つ
  • 海外で活躍する服飾系デザイナーになる

実際はそうでなくても夢を追いかけている設定を作っておくのは必須!

ただ、細かく突っ込んで質問されることもちょくちょくあるので、上にあげたような例からもう少し深く掘り下げておきましょう。

そうするとスムーズに会話が弾むようになって、肝心なパパの満足感を得ることにつながっていきます。

どんなパパでも出会いは大事に

パパ活男子をタイプ別にわけて私なりの対応のやり方を紹介しましたが、結局はどのパパに出会ってもみんな大事にするほうが目標達成は早くなります。

ワンナイト狙いのパパとの出会いも色恋作戦を実行しているうちに、エッチは無理だけど一緒にいて楽しいと思われるようになることもありました。

食事して50,000円のお小遣いとかはないけど、美味しいお店に連れていってもらったり、プレゼントくれたりするとパパ活的にはいい関係だなぁと感じますよね。

もちろんあわよくばという可能性を見てるかもしれないので、「体は無し!」という自分のルールはしっかりしましょう!アリかナシかの判断は女子それぞれの価値観ですけどねw

また逆のパターンもあって、パターンというか太パパを装ったエッチ目的の男性とか、本物の太パパだけど落としにかかってくるとか、それはもう出会いの数だけ違いがあるわけです。

最初はパパのタイプをある程度まで見極めて、自分自身の性格ではなくパパ活女子としてのしたたかさを持ったうえで行動する。

とてもシンプルではあるけれど、これが稼ぐパパ活女子たちの共通点なので覚えておきましょう!